ニュース
» 2016年05月05日 15時33分 UPDATE

なんというディストピア感 会社からVRで自宅の映像を見て帰ったつもりになる「仮想帰宅」が夢も希望もない

さまざまな時事ネタをうまく一つにまとめた秀逸なネタです。

[コンタケ,ねとらぼ]

 エイプリルフールに公開されたネタ、「仮想帰宅」が話題になっています。仕事を終えたらVRで自宅の映像を見て帰宅したつもりになって休むというものなのですが、技術を最大限間違った方向に活用した使い方に絶望を感じずにはいられません。これが夢の技術、VRが私たちにもたらす未来だというのか!?



 ニュース番組風に編集された動画では、「仮想帰宅」を試験的に導入しているという札幌市のIT企業が紹介されています。同社に勤めているというシステムエンジニアの佐藤さん(仮名)は、「仮想帰宅」をしている社員の1人。通勤時間の長さが悩みだったという佐藤さんは、仕事が終わるとヘッドマウントディスプレイをかぶり、VRで映しだされた“自宅”に“帰宅”します。これを“帰宅”と言っていいのか、非常に悩ましいですが。


佐藤さん システムエンジニアの佐藤さん(仮名)


帰宅 オフィスから“帰宅”する佐藤さん


端末 自宅をVRで映し出すヘッドマウントディスプレイ。夢と絶望が詰まっている

 VRに映しだされた“自宅”ではかわいい女の子が佐藤さんの帰りを待っており、一緒にテレビを見たりしてくつろぎます。疲れてきたら、VRに映しだされた“自分の布団”に入って就寝。ただし、現実の体はオフィスの椅子に座ったまま寝ている、という仕組み。淡々していますが、実に狂気的な映像です。絵に描いたようなディストピアじゃありませんか……。


女の子 “自宅”で佐藤さんの帰りを待っている女の子


就寝 “自分の布団”で寝る佐藤さん。狂気を感じる

 最初はヘッドマウントディスプレイを被っただけで帰れるというのは半信半疑だったが、実際に使ってみるとリラックスできたと語る佐藤さん。仕事が終わってすぐ休めるので体は楽と、満足しているそうです。あかん、ある日突然過労死する奴やこれ……。


インタビュー 「仮想帰宅」に満足していると語る佐藤さん

 同企業では現在、「仮想帰宅」を一部の社員に試験的に導入しているそうですが、今年度中の全社員導入を検討しているとのこと。全員がずっと会社の中で暮らすとか地獄か。家から「仮想出社」するんじゃ駄目なの!? 普通逆じゃない!?


全社員 みんな逃げて……

 おいおいこの会社マジやべーよ……と思ったかもしれませんが、ご安心を。前述の通り、これはエイプリルフールに公開されたうその動画なのです。作成したのは札幌市でWebシステムやスマートホンアプリを開発している、インフィニットループという会社。公開当時は話題になりませんでしたが、最近になって注目を浴びたようです。よかった、仮想帰宅で偽りの幸福に身を投じているシステムエンジニアはいなかったんだ……。


ネタばらし よかった……本当によかった……

 嘘だとわかった上であらためて見てみると、VRや日本の長時間労働、萌え文化や人工知能の進歩など実にさまざまな時事ネタをうまく一つにまとめており、非常によくできたネタだと感心させられます。エイプリルフールネタのなかでも、レベルの高いブラックジョークではないでしょうか。

 まあ、ブラックジョークだと笑っていられるうちは、まだいいのですけれどもね。いずれ現実になって、笑えないことにならないよう祈りたいところです。本当に。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう