ニュース
» 2016年05月06日 14時01分 UPDATE

Windows 10の無償提供が7月29日終了 さらなる普及に向け「Windows 10の日」キャンペーンなど実施

リリースからちょうど1年で有料に。「Windows 10 Home」は、約1万3000円で販売予定。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 Microsoftが、Windows 10の無償提供を7月29日に終了することを発表しました。それ以降のアップグレードは有料となり、「Windows 10 Home」は、119ドル(約1万3000円)で販売されます。


画像 無償アップグレード期間を、7月29日に終了することを発表

 Windows 10は昨年7月29日にリリース。無償での提供は、ちょうど1周年を迎える今年同日で終了となります。Microsoftの発表によれば、すでに世界中で30億台のデバイスに導入されており、急速に普及しているとのこと。

 これに伴い、日本マイクロソフトは、ユーザーサポート窓口「Answer Desk サポート」での電話対応を祝日まで行うこと、無償アップデート期間の終了を告知するキャラバンカーを全国で走行させることなどを発表。

 また、毎月10日を「Windows 10の日」とし、アイ・オー・データ機器、トレンドマイクロ、バッファローなど各社と連携して、同OSユーザー向けのキャンペーンを行うことも明らかにしています。


画像 キャラバンカーのイメージ画像


画像 「Windows 10の日」にはキャンペーン

マッハ・キショ松

関連キーワード

Windows 10 | Microsoft | 有料化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう