ニュース
» 2016年05月10日 06時00分 UPDATE

「ゴッホとゴーギャン展」が10月から東京都美術館で開催 2人の共同生活が互いの作品に与えた影響を探る

2017年1月から愛知県美術館でも開催されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 今秋から来春にかけて、「ゴッホとゴーギャン展」が催されます。まず10月8日から12月18日まで、東京都美術館にて東京展が開催。続いて2017年1月3日から3月20日まで、愛知県美術館にて愛知展が開催されます。


特設サイト 「ゴッホとゴーギャン展」特設サイト

 展覧会の軸となるのは、フィンセント・ファン・ゴッホとポール・ゴーギャンの、南フランスのアルルにおける共同生活。2人の初期作品から、共同生活後の歩みまでを展観し、互いが与え合った影響を探ります。


ゴーギャンの椅子 ゴーギャンの部屋にあったアームチェアを、ゴッホが描いたと言われる「ゴーギャンの椅子」(画像は東京都美術館のサイトより)

 東京展の観覧料は、一般1600円、学生1300円、高校生800円、65歳以上は1000円。開室時間は9時30分から17時30分までで、月曜日および10月11日が休室日となっています。現在、愛知展は会期のみ決定。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ゴーギャンの椅子》 1888年 油彩、カンヴァス ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団) (C)Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)
フィンセント・ファン・ゴッホ 《自画像》1887年 油彩、厚紙 クレラー=ミュラー美術館 (C)Kroller-Muller Museum, Otterlo
ポール・ゴーギャン 《自画像》1885年 油彩、カンヴァス キンベル美術館 (C)Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas

(沓澤真二)


関連キーワード

芸術 | 美術館


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう