ニュース
» 2016年05月09日 22時30分 UPDATE

プラチナ万年筆より「倶利伽羅剣」が登場 漆黒の中に炭粉で描き込んだ龍が最高にクール

慣れ合う気を感じさせないデザイン。

[宮原れい,ねとらぼ]

 筆記具メーカープラチナから、軸に龍を描いた万年筆「倶利伽羅剣(くりからけん)」が5月10日より発売されます。仏教で信仰される不動明王の化身である「倶利伽羅龍王」が大剣を飲み込む様を、炭粉を幾重にも盛り上げる“炭粉高蒔絵”で立体感を出し描いたという龍のデザインは最高にクールです。


倶利伽羅剣 銀の剣を飲み込むように黒い龍が描かれています

倶利伽羅剣 渋すぎる外観

倶利伽羅剣 専用の桐箱入り

 龍だけでなく大剣も、銀の高蒔絵の上から“黒刷り込み”をし、研ぎ仕上げで再び銀を浮かび上がらせたというこだわりよう。写真では黒い龍が見えづらいかもしれませんが、万年筆の元々の軸が艶消しの漆黒なので、実際に見て触ってみると立体感を感じられて印象が変わりそうです。

 ペン先は細字・中字・太字の3種でいずれも大型18金、限定仕様のコンバーターには金色で「不動明王」の文字、付属の万年筆入れには龍型の飾り紐留めが付いています。価格は12万円(税別)で、初回生産分の600本にはシリアルナンバーが入ります。ちなみに専用の桐箱入りで、これがまた格好いい。


倶利伽羅剣 金色で「不動明王」の文字が入ったコンバーター

倶利伽羅剣 龍型の飾り紐留め

倶利伽羅剣 シリアルナンバーは漢数字で

 「近頃の刀剣への注目度が盛り上がりをみせていることを受け」作ったというこの「倶利伽羅剣」。この機会に万年筆の世界に飛び込むのも有りかもしれませんね。

(宮原れい)

関連キーワード

万年筆 | デザイン | プラチナ萬年筆


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう