ニュース
» 2016年05月10日 08時00分 UPDATE

作中のゲームが実際に遊べるアプリ連動型ライトノベル「お前らは現実とゲームの区別がつかない」発売へ

作中のアプリ「ライブスコーパー」を実際に配信。登場人物と同じゲームに参加できます。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 スマホアプリと連動し、作中の登場人物と同じゲームがプレイできるライトノベル「お前らは現実とゲームの区別がつかない」が、ジュリアンパブリッシングから発売されます。発売日は5月25日で、価格は1296円(税込)。作者は澤田典宏氏。


お前らは現実とゲームの区別がつかない

 ストーリーは、転校生のイチがユウシとともに謎解きゲームに参加したところ、内容が次第に過激化していき、抜けることのできない「恐怖のデスゲーム」が始まってしまうというもの。作中に登場するアプリ「ライブスコーパー」のiOS、Android版が実際に配信され、同じゲームに参加できます。また、本にスマホをかざすと映像が流れるなどの仕掛けも用意されているそう。

 なお、アプリを使用しなくても、ストーリーを読み進めることは可能。作品の一部はnote上で公開されており、無料で読むことができます。


お前らは現実とゲームの区別がつかない 公式サイト

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう