ニュース
» 2016年05月10日 13時55分 UPDATE

アパホテルの名物社長がついに人工知能に 対話システム「MINARAI」搭載でホテルフロント受付が可能

なんかかわいくなった!

[たろちん,ねとらぼ]

 自身の顔写真入りのカレーなどを展開するアパホテルの名物社長・元谷芙美子さんが、今度は人工知能Botになるようです。対話システム開発のNextremerは、5月13日・14日に行われるスタートアップイベント「Slush Asia 2016」で、人工知能対話システムによるホテルフロント対応デモンストレーションを公開します。

アパ社長ボット アパ社長がBotキャラに

 元谷社長をモデルにしたBotキャラクターが、ユーザーと対話をしてホテルフロント受付業務を行うというもの。現在は日本語と英語に対応しており、その他の言語にも対応可能。「MINARAI」というホテルフロント対応システムのコンセプトプロトタイプを搭載しており、ユーザーとの会話を学習することでより高度な対話が実現できるようになるそうです。どこまで進化するんだ、アパ社長。

アパ社長ボット アパ社長Botの仕組み

 対話が破綻した際は人間のオペレーターにバトンタッチできるようになっており、それを学習してシステムの精度も上がっていくという仕組み。「人工知能と人との協業」という未来をイメージして開発されたシステムとなっています。

たろちん

関連キーワード

社長 | 人工知能 | ホテル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー