ニュース
» 2016年05月11日 11時27分 UPDATE

「肉フェス 2016 春」で食中毒の疑い 一部の客に発熱、腹痛、下痢などの症状

相談窓口が開設されています。

[ねとらぼ]

 4月28日から5月8日まで開催されていた「肉フェス TOKYO 2016 春」および「肉フェス FUKUOKA 2016 春」で、食中毒の疑いがある事案が発生した。


肉フェス食中毒

肉フェス食中毒

 肉フェス公式サイト上の発表によると、「ハーブチキンささみ寿司」を食べた人の一部から発熱、腹痛、下痢など、食中毒の疑いがある症状についての連絡があったという。


肉フェス食中毒

 この件に関し、同イベントはお客様相談窓口を開設(東京会場の電話番号:03-6418-5786、福岡会場の電話番号は092-532-1602または092-532-1839、受付時間はともに平日10時〜19時)。また、原因については調査中としている。

関連キーワード

食中毒 | 相談窓口


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう