ニュース
» 2016年05月11日 12時43分 UPDATE

江戸の男色文化、平成の世にて花開かん 井原西鶴の浮世草子を現代BL作家たちがコミカライズ

1687年発表の短編集「男色大鑑」を2冊のBL漫画に。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 江戸時代、「好色五人女」「日本永代蔵」「世間胸算用」など数々の浮世草子を残したことで知られる井原西鶴。その西鶴が手掛けた作品の一つで、男性同士の恋愛を描いた短編集「男色大鑑」が、現代BL作家たちの手によりBL漫画としてコミカライズ(アンソロジー)されることが決定。5月14日に「男色大鑑-武士編-」(KADOKAWA)が、6月15日には「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」(KADOKAWA)が発売されます。価格は各1000円(税別)。

「男色大鑑-武士編-」 井原西鶴の原作をもとに、現代のBL作家陣が描く「男色大鑑-武士編-」

 「男色大鑑」が出版されたのは今から300年以上も昔の1687年(貞享4年)。全8巻からなり、武家社会の「衆道」に殉ずる人間たちを描いた前半部分と、当時流行した歌舞伎社会の若衆たちの愛を描いた後半部分で構成されています。日本ではあまり知られていない作品ですが、20世紀初頭には英語やフランス語に翻訳されるなど、海外では読まれていたようです。

 前半の「男色大鑑-武士編-」では、一人の若衆をめぐって朋輩の武士たちが仲違えをしたり、殿様が寵愛する美童に家臣が横恋慕したりと、命を懸けて恋の道を貫いた男たちの生き様が描かれます。執筆陣はオトノアヲさん、雁皮郎さん、九州男児さん、黒井つむじさん、時東穹生さん、眞山りかさん、宮木りえさんの7人です。

夢路の月代(オトノアヲ) 夢路の月代(ゆめぢのさかやき)漫画:オトノアヲ
嬲ころする袖の雪(時東穹生) 嬲ころする袖の雪(なぶりころするそでのゆき)漫画:時東穹生
垣の中は松楓柳腰付(宮木りえ) 垣の中は松楓柳腰付(かきのうちはまつかへでやなぎのこしつき)漫画:宮木りえ

 後半の「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」では、江戸初期の華美な歌舞伎舞台の裏側で、金で体を買われながらも真の愛を貫いた若衆たちの美しき恋模様が描かれます。執筆陣はARUKUさん、阿弥陀しずくさん、大竹直子さん、雁皮郎さん、九州男児さん、黒井つむじさん、眞山りかさんの7人です。

「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」 「男色大鑑-歌舞伎若衆編-」は6月15日発売

 装画は両作ともZAKKさんが担当。いずれも敬愛大学・畑中千晶教授による解説が収録されます。

装画はZAKKさん ZAKKさんによる装画の全体図

関連キーワード

ボーイズラブ | 漫画 | 漫画化 | 恋愛 | 原作


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう