ニュース
» 2016年05月11日 18時02分 UPDATE

絵描きクラスタ注目! 1本で微妙なグラデーションを表現できる「カメレオンペン」が日本上陸

描いているうちに色味が濃くなるので、自然と濃淡をつけられる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 画材メーカーChameleon Art Productsの、「カメレオンペン」が注目を集めています。描いているうちに色がじわじわ濃くなっていき、自然とグラデーションが表現できる不思議なペン。既に海外では40カ国以上で販売されていますが、日本での販売も決定しました。


グラデ1グラデ2グラデ3 塗っているうちに少しずつ色が濃くなる不思議

 通常のペン先と、ソフトなペン先のツインヘッドを採用。さらに、本体はマーカー部とミキシングチェンバー部に分かれる構造になっています。


構造 ペン先は日本製。ソフトとハード、タッチの異なる2種類を使い分けられる(画像は公式サイトより)

 色が変わる秘密はミキシングチェンバーに。マーカーと同様にペン先が付いています。両者のペン先を接触させると、ミキシングチェンバーからトーニング液がにじみ出て、マーカーの色味を弱めます。その上で描き始めると、トーニング液の効果が少しずつ薄れていき、色はマーカー本来の色に近づいて濃くなっていくわけです。


仕組み1 ミキシングチェンバーとマーカーのペン先をくっつけて数秒待つ(画像は公式サイトより)

仕組み インクが濃くなる過程で、ハイライトや陰影を自然につけられる(画像は公式サイトより)

 カメレオンペンは2014年の発表以来、多くのアーティストに愛用されており、その作例は同社のサイトで公開されています。


作例 公式のギャラリーページ

 日本ではAmazonで発売中ですが、現時点では一時的に在庫切れで入荷日は未定となっています。


製品画像 全20カラーと、無色の修正ペンがセットになったパッケージも。こちらはAmazonでは取り扱いできない状態で、価格も不明


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう