ニュース
» 2016年05月14日 10時30分 UPDATE

21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は

東京都墨田区に日本で唯一と思しき仮面専門店がオープン。仮面で生計は立てられるのか取材してきた。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 東京・向島の「下町人情キラキラ橘商店街」――昭和レトロな面影が残るこの商店街に入ると、たこ焼き屋、佃煮屋、うなぎ屋と続いて、店内に仮面をずらりと並べた店舗が現れる。4月28日、日本で唯一と思われる仮面屋「仮面屋おもて」がオープンした。

仮面屋おもて 下町の商店街に入ると……

仮面屋おもて 突如現れる仮面屋

仮面屋おもて仮面屋おもて 中には仮面がずらり

 木造2階建ての店内には100〜200点の仮面が壁や棚に配されている。どれにも値札が付いていて、飾りではなくちゃんと売り物。現代アーティストによる作品を中心に、アフリカ風やヨーロッパ風、狐や猿といった動物モチーフ、ペストマスクにガスマスク……と仮面のバリエーションはさまざまだ。

 入り口は常に開かれ、通りに面した壁も半透明と、店内は外から丸見えで開放的な作り。通行人は二度見して通り過ぎていくのが大半だが、子ども連れの家族、女子2人組、おじいさんおばあさんと、定期的にお客さんが興味深そうに足を踏み入れる姿があった。

仮面屋おもて仮面屋おもて 外から丸見えの棚と、レジ

仮面屋おもて仮面屋おもて 2階も仮面が。さらに何百点と集めて店内を仮面ぎっしりにする予定だという

仮面屋おもて仮面屋おもて仮面屋おもて 仮面は現代作家によるものが中心

仮面屋おもて仮面屋おもて仮面屋おもて ペストマスクや狐面、ヨーロッパ風のハーフマスクも

 それにしても21世紀の日本で、仮面だけで商売なんてやっていけるのだろうか。

 「いやぁ、どうなんですかねぇ。商売として成立はしていますよね。貧乏ではありますが、とりあえず僕は生きていますから」と、店主の大川原脩平さんはひょうひょうと笑う。

仮面屋おもて 店主・大川原脩平さん

 「仮面屋おもて」は店舗を構えるよりも前に、2014年1月からオンラインショップとして始まった。複数の現代作家とコネクションを持ち、届いた仮面を1点1万円前後から数十万円で販売。こんな造形が欲しいという相談を受けて作家に依頼する業務も行っており、単価の高い注文販売がお店を支えているという。収入は月に多いときで30万円、少ないときで3万円といったところ。ほかに仮面に関係ない仕事も行っていたが、実店舗のオープンに伴い専念することにした。

 「世の中には、量販店で扱っているような既存のマスクでは満足できない、凝った一点ものを求めている人が必ずいるんです」。例えば演劇家や大道芸人といったパフォーマー。歌手・倖田來未さんのミュージックビデオでバックダンサーが着ける仮面や、覆面アイドルグループ・仮面女子が使う鉄仮面風マスクをプロデュースすることもあった。

仮面屋おもて仮面屋おもて 倖田來未「Dance In The Rain」でバックダンサーが着ける仮面(公式MVより)、仮面女子・アーマーガールズの鉄仮面風マスク(公式サイトより)

 仮面作家が自分の作品のみを販売するお店は多いが、「仮面屋おもて」のようにさまざまな作家の仮面をそろえるところはなかなか見当たらないらしい。また大川原さんは自ら製作しない代わりに、日本最大級のマスクの展示即売会「TOKYO MASK FESTIVAL」や仮面を装着するワークショップなど、仮面業界を盛り上げる活動を多岐にわたって行い、“仮面の何でも屋”としての存在感を強めている。

 ある日突然、映画「デスノート 2016」の小道具会社から“ひょっとこ”のお面が必要だと連絡が来た。「お面はお面屋さんが良い」とネットで“仮面屋”と検索したところヒットしたという。「TOKYO MASK FESTIVAL」でも、偶然出会った人から「タヌキのお面を作って欲しい」と依頼が入った。餅は餅屋にと言わんばかりに仮面屋を求める人はちゃんといて、「仮面屋おもて」はその希少な受け皿となっているようだ。

仮面屋おもて仮面屋おもて

 大川原さんは、そもそも仮面屋で食べていくことにはあまり意味を見いだしていないと言う。もともと舞台畑の人間。仮面を使った演技トレーニングをする中で仮面作家に出会い、彼らをサポートしようと仮面を販売するようになった。現在は「仮面屋おもて」を仮面の魅力を広める一つのアートプロジェクトとして捉えている。

仮面屋おもて

 実店舗を下町の商店街に開いたのも、「もうちょっと身近に感じてもらえるような仮面の在り方が模索できると思ったから」。ギャラリーや個展、ネットショップにはない、ふらっとお客さんが通りがかるからこそ起こる化学反応に期待している。「おもしろいですよ。アバンギャルドな作品も置いているのに、仮面に一切縁の無い人が『お面ってなつかしいよね』ってしみじみ言ってきたり。思いがけない出会いがあるんです」。

仮面屋おもて

 どうして仮面を買う人が今もいるのかも聞いてみた。「難しい問題ですね(笑) なんで売れるのかは欲しい人がいるからなんですけど、なんで欲しいのかはみんなバラバラで。具体的には、イベントでかぶるとか家に飾るとかいろいろあるんですけど、そういう一つに限定されないところが仮面の魅力なんじゃないでしょうか」。

 取材中に入ってきた4人家族。昔彫刻をやっていたというお父さんは目を輝かせて店内をうろつき、5歳くらいの男の子はヒーロー風のお面を指して「これで遊びたいー」とせがむ。一方でお母さんは「ドキドキするからやめて」と不安そうにたしなめる。一風変わった仮面を売るお店が、普段は見えない人間の一面を引き出していた。

黒木貴啓


<店舗情報>

仮面屋おもて

住所:〒131‐0046 墨田区京島3丁目20番5号

電話:070‐5089‐6271

営業時間:12時〜19時(連絡あれば延長営業あり)

定休日:不定休(公式サイトやTwitterで告知)

URL:kamenyaomote.com

Twitter:@maskshopOmote

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー