ニュース
» 2016年05月13日 11時11分 UPDATE

計6フロアの大型書店・紀伊國屋新宿南店が事実上の撤退へ 売り場を洋書専門店のみに縮小

1996年10月にオープン、大規模な売り場が当時話題に。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 東京・新宿の新宿駅南口方面にある大型書店「紀伊国屋書店新宿南店」が、7月下旬をめどに売り場を計6階から計1階へと縮小することが分かりました。6階の洋書専門店のみ残り、事実上の撤退となります。


 新宿南店は1996年10月に、タカシマヤタイムズスクエアの南館にオープン。1〜6階は売り場、7階は紀伊國屋サザンシアターと、館内全フロアが紀伊国屋書店の関連施設で、全国的に大規模な書店として当時注目を集めました。

紀伊國屋書店新宿南店 新宿南店が入ったタカシマヤタイムズスクエア南館(公式サイトより)

 売り場縮小の理由は、紀伊國屋書店によると「ビルの所有者側との賃貸の交渉がまとまらなかったため」、所有者側の高島屋によると「2020年9月の契約満了に伴い、6階のみが更新されることになった」。7階の紀伊国屋サザンシアターは残る方針で、1〜5階に今後どのテナントが入るかは未定だそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう