ニュース
» 2016年05月14日 13時00分 UPDATE

江戸の町並を仮想空間で体験できる「江戸の町VR化プロジェクト」がクラウドファンディング開始

10万円出資すると、住民として登場できる権利が。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 VRコンテンツ開発会社のAVATRAが、江戸時代の町並を仮想空間に再現する「江戸の町VR化プロジェクト」を始動。クラウドファンディングサイトの「CAMPFIRE」で資金調達を開始しました。


イメージ 魚屋や屋台などが息づくバーチャルな江戸(画像はCAMPFIREより)

ALT クラウドファンディングページ

 3Dモデル製作には「3dsMAX」、VR化には「Unreal Engine4」を使用。歴史研究家にして3DCGアーティストの中村宣夫を監修に迎え、当時の町並を正確に再現します。


イメージ2イメージ3 再現イメージ(画像はCAMPFIREより)

 リリースは10月を予定。ソフトは5000円の出資で入手でき、10000円以上の出資でVR視聴用のハコスコが付属します。10万円以上出資した場合は、ユーザーが顔写真を元に3Dモデル化され、作品内に登場できる権利も。

 調達資金が初期目標の500万円に達すると、日本橋界隈(かいわい)の町人街が再現されます。以降、資金次第で再現範囲は拡大。丸の内の大名屋敷群や浅草界隈、果ては江戸城まで、華やかな江戸の世界を体験できるようになります。


日本橋 500万円達成で日本橋が再現(画像はCAMPFIREより)

丸の内 1000万円達成で大名屋敷が追加(画像はCAMPFIREより)

浅草 1500万円で浅草追加(画像はCAMPFIREより)

江戸城 2000万円で江戸城の内部まで!(画像はCAMPFIREより)

 発起人の大石真教(しんきょう)さんは寺生まれで、役僧からITベンチャーに転職したという異色の経歴の持ち主です。彼は江戸時代の区画の多くが、現代の東京に残っていることから、「江戸を知ってこそ日本人のアイデンティティを知ることができる」と考察。原点回帰がさらなる東京の発展につながると考えており、「日本人のみならず世界中の人々に、江戸の町の真の姿を体験してもらい、日本文化の奥深さを味わって欲しい」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう