ニュース
» 2016年05月14日 02時05分 UPDATE

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪

「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」

[ねとらぼ]

 ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音さんが13日、自身のブログを更新しベッキーさんとの不倫関係を認め、元妻とともに不幸にしたと謝罪した。

ブログ更新 ブログでは「両成敗というアルバムを出したくせに何を言ってるんだと思うと思いますが、僕にはそれしか出来ませんでした」と休業しなかったことに触れている

 不倫騒動以来休業していたベッキーさんが同日放送されたTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で復帰したことを受け、「書かないといけないなと思い、事務所を通さず勝手に」ブログをアップした。

 川谷さんは「週刊文春」で報じられたLINEの内容は「全て本物です」と認め、友人関係だと説明していたことは嘘だったと報告。「奥さんの気持ちを踏みにじり実家にベッキーさんを連れて行ったのも僕の独断です」とつづり、「周りが見えてなかったし、本当に僕は誰の気持ちも考えてやれなかった。2人とも不幸にしてしまいました」と謝罪している。

 3月に行われたライブにおいて「誰に謝ればいいのか」といった発言に対しては、元妻でもベッキーさんでも、ファンや関係者に向けたものではなく、「ネットで心ない暴言を浴びせてくる人たち」に対して言ったものだと説明。不倫が発覚して以来、ネットで日常的に暴言を浴びせられたことに我慢できなかったと釈明している。「ただこの発言を僕は公の場でするべきではなかったし、僕がそれを言う資格はなかった。結果数々の誤解を生みました。本当に子供だった」と反省を述べている。

 また、ベッキーさんが休業しているのに、なぜ川谷さんが休業しなかったかに触れ、「待ってくれているファンがいたから」と、ただ歌うことしかできなかったからと説明している。

 「ベッキーさんとは不倫関係にあって、奥さんを苦しめたし裏切りました。かつメンバー、スタッフの皆さん、関係者の皆さん、僕らのファンのみなさん、ベッキーさんのファンの皆さんには多大なご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ございません」と、このタイミングでかつブログで伝えることに改めて詫びた。

ブログ更新 ブログ全文

関連キーワード

ベッキー | 不倫 | 文藝春秋 | 謝罪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう