ニュース
» 2016年05月14日 13時34分 UPDATE

東京国際映画祭で日本映画2大企画、細田守と岩井俊二を特集

いいセンスだ。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 10月25日〜11月3日に開催される「第29回東京国際映画祭」で、日本映画2大企画として、「映画監督 細田守の世界」「監督特集 岩井俊二」が行われることが発表されました。

細田守と岩井俊二、日本映画を世界に発信する2大監督の仕事を特集上映 2大監督の作品を特集上映(東京国際映画祭公式サイトより)

 日本映画をより世界へ強く発信していくために企画されたもので、アニメーション特集となる「映画監督 細田守の世界」では、長編アニメーション映画で日本の映画界を牽引する細田守さんの初期の作品から2015年公開の「バケモノの子」まで、初の大規模上映が行われます。

細田守監督の最新作「バケモノの子」(映画公式サイトより) 細田守監督の最新作「バケモノの子」(画像は映画公式サイトより)

 一方、映画祭独自の視点で近年の作品をセレクションするJapan Now部門では、ハリウッドやアニメーションなど新しい分野に挑戦し、久々に日本で手がけた実写最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」へと至る岩井監督の仕事を振り返る「監督特集 岩井俊二」を企画。

 Japan Now部門のプログラミング・アドバイザーを務める安藤紘平さんは、「今日の日本映画を通じて、海外に“日本の今”とそこに在る美意識、文化を再認識してもらう」「それらを創造した監督たちを海外に紹介する」ことが同部門のコンセプトと紹介。岩井監督が常に“日本の今”を生きる若い世代を寓話的に語りつつ、独特の映像美学で表現してきたことを挙げ、「海外にアピールすべき監督」とコメントしています。

岩井俊二監督の最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」 岩井俊二監督久々の実写作品「リップヴァンウィンクルの花嫁」(画像は映画公式サイトより)

ADAKEN


関連キーワード

映画 | 映画祭 | アニメ | 実写 | 文化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう