ニュース
» 2016年05月14日 21時00分 UPDATE

すげえええええええ!! 色鉛筆で描いた「バットマン」のクオリティが高すぎる!

なんだ、天才か。

[隈崎大樹/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 アメリカンコミックの代表作ともいえる「バットマン」。日本では3月からシリーズ最新作「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」が上映中だ。

 そんなバットマンを色鉛筆でリアルに描く動画が話題を呼んでいる。YouTubeで「Drawing Batman」と題された動画は、4月のアップからすでに視聴数10万回を突破している。

 色鉛筆イラストレーターのHeather Rooneyさんが、シリーズ最新作に登場するバットマンをモチーフに描いている。


画像 全体像を軽くデッサン

 はじめは細い線で全体の輪郭を描き、その後に濃い色鉛筆で細かなディテールを描いていく。身体の上から下まで黒色のバットマンだが、微妙な色の濃さや被写体の光の当たり加減を考慮しながら、リアルに描き上げていく。


画像 色鉛筆とは思えないリアルな質感

 コスチュームから見える盛り上がった筋肉の質感や身体に当たる光の反照など、その完成度の高さは実写と見間違えてしまうほど。


画像 実車と見違えるほどのクオリティ

 Heather Rooneyさんはこのほかにも、著名人を描いた動画をアップしている。気になる人は一度覗いてみてはいかがだろうか。

(隈崎大樹/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

バットマン | アメコミ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう