ニュース
» 2016年05月15日 16時57分 UPDATE

6年待ってた! 「氷菓」から続く「<古典部>シリーズ」新刊が11月に発売予定

最新刊……私、気になります!

[はためく惑星,ねとらぼ]

 米澤穂信さんによる推理小説「<古典部>シリーズ」(角川書店)の約6年ぶりの新刊が今年11月に発売予定であると、米澤さんが自身のTwitterで告知しました。シリーズ第1作「氷菓」が2012年にアニメ化され、実写映画も製作中の人気シリーズです(関連記事)。

「<古典部>シリーズ」新刊が2016年11月発売 約6年ぶりとなる待望の新刊! (画像は米澤穂信さんTwitterより)
KADOKAWA「<古典部>シリーズ」 人気推理小説「<古典部>シリーズ」(画像は角川書店より)

 「<古典部>シリーズ」は、2001年に刊行された米澤さんのデビュー作から始まったシリーズ。神山高校の「古典部」に所属する省エネ主義の主人公“折木奉太郎”や好奇心旺盛な少女“千反田える”といった面々が、彼らの暮らす学校や市で起きたミステリーに挑んでいく物語です。現在既刊は5巻、前作「ふたりの距離の概算」は2010年に発売されました。

 米澤さんによれば最新刊の内容は現在検討中。新刊には、これまで単行本に未収録だった既発表のシリーズ作品「連峰は晴れているか」「鏡には映らない」「長い休日」「いまさら翼といわれても」を全て収録する予定とのこと。そのほかの内容については決まり次第発表していくそうです。半年後が待ち遠しい……!

 さらに、米澤さんの「<小市民>シリーズ」の新作短編「巴里マカロンの謎」(仮題)が12月発売の東京創元社「ミステリーズ!」に掲載されることも発表。

 「<古典部>シリーズ」は単行本から6年、文庫版から4年ぶりの新刊。「<小市民>シリーズ」は2009年の「秋期限定栗きんとん事件(上)(下)」以来7年ぶりの新作となり、ファンからは「え? え? 古典部の新刊11月!?」「どれだけ待ち望んだことか」「半年後が今からとても楽しみ」「アニメ2期お願いします」といった歓喜の声が上がっています。

 また前述の通り、実写映画版「氷菓」が安里麻里さんの監督のもと現在製作中。こちらは、撮影中であるという情報は入ってきているものの、公開時期やキャストなどほとんどの情報が未公開。こちらの情報公開も待ち遠しいですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう