ニュース
» 2016年05月16日 07時00分 UPDATE

きゅうりとメロンの掛け合わせ? 中南米生まれの不思議なフルーツ「きゅうりメロン」

実は掛け合わせで生まれたわけではないのだそう。爽やかな甘さが特徴。

[茂木宏美/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 太陽の恵みをぞんぶんに受けた夏の野菜やフルーツに、珍しい品種と話題になっているフルーツがあります。その名も「きゅうりメロン(英名:Cucamelon)」。


画像 ぷるるんとし、みずみずしさ満点

 見た目はちょっぴり細長くなったスイカのようですが、大きさはぶどうサイズ。コロンとしたフォルムがキュートですね。


画像 一口サイズで食べやすそう

 気になる味は、キュウリとスイカとライムが合わさったような風味で、スッキリとした甘さ。皮をむかずにそのまま食べることができます。一般的なフルーツ同様に、ジュースやケーキなどにすることも。また、サラダに入れたり、ピクルスにしたりしても美味だとか。


画像 スイーツにも食事にもなる万能フルーツ

 ちなみに、これはきゅうりとメロンの掛け合わせではないそうです。もともとは、中南米で細々と栽培され、アメリカの農家が商業化しヒットを生んだもの。日本では、「青空マルシェ」が種子を輸入し、自社農場でテスト栽培したうえで、種20粒(税込756円)から販売しています。


画像 スイーツにも食事にもなる万能フルーツ

 栽培方法はとても簡単で、きゅうりやトマトと同じ要領とのこと。露地栽培はもとより、プランターでの栽培も可能なため、ベランダなどで気軽に楽しめるそうです。

(茂木宏美/LOCOMO&COMO)

関連キーワード

野菜 | 南米


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう