ニュース
» 2016年05月17日 08時00分 UPDATE

懐かしい厚紙の昔話絵本が電子書籍化 小学館が「育児絵本・保育絵本」をデジタル復刻

戦後から90年代まで販売されていた絵本「桃太郎」や「一寸法師」など一挙36冊ラインアップ。当時の価格そのままで購入できる。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 小学館は過去に刊行した厚紙の絵本「育児絵本・保育絵本」のデジタル復刻版を5月27日に1冊70円で配信する。


小学館が絵本をデジタル復刻 36冊がデジタル復刻

 「桃太郎」や「一寸法師」などの長く親しまれてきた昔話を知らない子どもや若いママが最近増えていることを受け、小学館は身近なスマホで楽しめる絵本を配信することで、多くの親子に昔話と出会うことを期待している。


桃太郎や一寸法師などデジタルに 書店にあった絵本

 70円という価格は戦後最初に刊行した育児絵本と同じ価格設定。日本編からは「うらしまたろう」や「かぐやひめ」など、海外編からは「ジャックとまめのき」や「シンデレラ」など計36冊の配信を予定している。今後はアプリでの配信も企画している。

関連キーワード

絵本 | 小学館 | 電子書籍


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう