ニュース
» 2016年05月17日 20時04分 UPDATE

Windows 10へのアップグレード通知画面が変更 ユーザーがキャンセルしないとアップグレードが実行

画面右上の「×」印をクリックして画面を閉じても、キャンセルしたことにはならないので注意。

[ねとらぼ]

 マイクロソフトが、Windows 7/8.1に表示するWindows 10アップグレード通知画面を5月13日に変更しました。ユーザーがアップグレードの予定を変更・キャンセルしないと、指定時間にWindows 10にアップグレートされるようになっています。

Windows 10アップグレード通知画面 Windows 10アップグレード通知画面の例

 これまでもWindows 10へのアップグレードを促す画面は表示されていましたが、ユーザーが自分でOKを押した場合のみアップグレードが予約されるようになっていました。今回の変更では、ユーザーが自分でキャンセルの手順を踏まないと、画面に表示された日時にWindows 10へのアップグレードが実行されます。画面右上の「×」印をクリックして画面を閉じても、キャンセルしたことにはならないので注意が必要です。

Windows 10アップグレード通知画面 Windows 10アップグレード通知画面の例

 アップグレードをキャンセルするには、「ここをクリックすると、アップグレードスケジュールを変更、またはアップグレードの予定をキャンセルできます」というメッセージの「ここ」の部分をクリックして設定を変更します。

 もしうっかりキャンセルせずに通知画面を閉じてしまっても、タスクバーのWindowsアイコンをクリックすると、Windows 10へのアップグレードのスケジュールを確認して、変更・キャンセルできます。またアップグレード予定時刻の15分前になると、もう一度通知画面が表示され、変更・キャンセルが可能です。意図せずアップグレードされた場合でも31日以内なら戻すことができます。

Windows 10 タスクバーのWindowsアイコンをクリックするとアップグレードの予定を確認できる
15分前に表示される画面。「予定の変更」をクリックすると変更・キャンセルできる
(画像はマイクソフトの公式ブログより)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう