ニュース
» 2016年05月18日 08時30分 UPDATE

千葉の海水浴場でみつかったゴマフアザラシの子ども 鴨川シーワールドに保護されてちょっと元気になったよー

大きくなってね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 鴨川シーワールドは、千葉県の一宮海水浴場(千葉県長生郡一宮町)でゴマフアザラシの幼獣(オス)を保護し、5月18日より公開飼育を開始します。

画像 保護されたゴマフアザラシの幼獣

 ゴマフアザラシが見つかったのは5月12日。役場の要請で現地に向かったスタッフが、幼獣であることや体が痩せていて衰弱が激しいことから保護を決めました。

 保護当時の体長は70センチ、体重は9.4キロ。外傷はないものの脱水症状が考えられたため、皮下への注射などを行いました。現在は自分でエサの魚を食べるようになり、快方に向かっているとのこと。よかった!

画像 注射を受けるゴマフアザラシ

 このゴマフアザラシは、今年の春オホーツク海の流氷上で誕生し、何らかの理由で流れついて上陸したと考えられるそう。

 飼育されているロッキーワールド地階の幼獣保育用プールは一般の人からも見える場所ですが、動物の状況によって展示が中止される場合もあるそうです。

(神奈川はな)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー