ニュース
» 2016年05月18日 14時00分 UPDATE

次世代のお絵かき玩具「デジタルスケッチブック」が登場 描いた絵が動いたり、付いているカメラでトレースも可能

内蔵メモリで絵を保存、microSDカードにも対応しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 メガハウスより、カメラ付きの次世代型デジタルスケッチブックが登場。2016年7月上旬に発売予定で、「おえかきアーティスト」というクールな名前となっています。3〜4歳向けのお絵かき玩具ということですが、次世代というだけあって大人も楽しめそうな予感……!


おえかきアーティスト 「おえかきアーティスト」

 目玉の一つとして、液晶パネルに付属の専用タッチペンで絵を描くと、描いた絵が動き出すという「動く絵モード」があります。背景を選んで白枠内に好きな絵を描くと、それが背景の上を動き回るという仕組みです。


おえかきアーティストおえかきアーティストおえかきアーティスト 白枠に絵を描き、「できた」ボタンを押すと、絵が動き出す

 他にも、パラパラアニメが作れる「パラパラアニメモード」、描いた手順を録画し、描き始めから順に再生する「メッセージアニメモード」など全部で10モードを搭載。付属のカメラで撮影した写真に落書きやメッセージを描けるモードもあり、撮影すると線画風に変換し気軽に“トレース(写し描き)”できるモードなんかは絵の練習になりそうです。


おえかきアーティストおえかきアーティスト 前に描いた絵が透けて見える「パラパラアニメモード」、手順の再生をしてくれる「メッセージアニメモード」

おえかきアーティストおえかきアーティスト 写真に落書きできる「カメラモード」、トレースできる「マンガ作成モード」

 もちろん自由なお絵かきも可能で、使用できる色は全96色。えんぴつや筆ペンなど4種類、線の太さが3種類の計12種類の画材から選べます。

 液晶は9インチワイドと普通のiPadに近いサイズ。本体サイズは幅352mm、厚さ25mm、高さ262mmで、子どもが持ち運びやすいよう持ち手がついています。単2乾電池×3本で約4時間の連続使用が可能で、重さは1105g。本体内蔵メモリは68MBで約150枚保存でき、microSDにも対応しているので絵を残しておくこともできるとのこと。お値段は2万1600円(税込)です。


おえかきアーティスト がっしりとした作り

 現在「おえかきアーティスト」公式サイトではPVも公開されているので、機能の細かい内容を確認することができます。



(宮原れい)

関連キーワード

イラスト | メガハウス | おもちゃ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう