ニュース
» 2016年05月19日 07時30分 UPDATE

黒板いっぱいにワイ―――ドに投影できちゃうプロジェクター「ワイード」登場 先生と生徒の救世主になるか

授業のもようが変わるかも?

[林美由紀,ねとらぼ]

 電子黒板スマートボード、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri」などをつくる黒板メーカーのサカワが、黒板にぴったり映すことができるウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」を6月中旬から発売します。


ワイード

 学校の教室にある一般的な黒板(幅3600ミリ)にほぼいっぱいの映像を投影することができ、約120〜140インチに投影可能。アスペクト比は16:6で、ウルトラワイド(16:6)だけでなく、一般的なプロジェクタの投影サイズである16:9、4:3にも対応しています。


ワイード

ワイード

 プロジェクタを黒板の中央に設置するだけで、投影画面(80インチ程度)を左・中央・右へとスライドできる「デジタルスライド機能」付き。スライド操作はリモコンのボタン1つで簡単に切り替え可能。また、接続したPCからの投影画面を電子ペンでタッチすることができます。デジタル教科書やブラウザなどから映したコンテンツを2つ並べて、操作することもできるのだそう。

 どれくらい黒板を有効に使えるかはこちらの動画でご確認を。



 これまでのプロジェクタは、映したいものを黒板の一部にしか投影できませんでしたが、ワイードならたった1台で全面に投影できます。黒板にレールを付け、本体を投影したい場所へとわざわざ移動させていた、従来のような手間がかかりません。

 また「ワイード」公式サイトにアクセスすると、ワイードの歌に合わせて、メニューの文字が「About」から「Abooout」と伸びたり、製品情報の文字まで伸びる、踊るWebとなっており、こちらの仕掛けも面白い!

 「ワイード」は、5月18日〜20日まで東京ビッグサイトで開催されている「第7回 教育ITソリューションEXPO」の中で発表に。うまく使えば今までと一味違った授業やレッスンができそう。美術館や展示などアートの世界でも面白い試みができそうですね。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう