ニュース
» 2016年05月18日 21時00分 UPDATE

「カチャカチャターン!」が捗りそう タイプライター風Bluetoothキーボード「QWERKYWRITER」

タイプライター特有のリターンバーまで搭載。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 イギリスの新興企業、Qwerkytoysから、レトロなBluetoothキーボード「QWERKYWRITER」が登場しました。キーからリターンバーに至るまでタイプライターを模してデザインされた、ガジェット好きにはたまらない一品です。


タイプライター風のフォルム 左側にはタイプライター特有のリターンバーを装備

 キーの軸にはメカニカルスイッチを採用。4ミリと深めのキーストロークもあいまって、タイプライターの打鍵感に迫ります。


青軸

キーデザイン キーはタイプライターのように丸いだけでなく、凹面仕上げでタッチ感を演出

 左側に配されたリターンバーは、右に押すことでエンターを入力可能。タイプライター特有の行送り操作を味わえます。最大5文字分のキー入力が登録可能なので、ファンクションキーとしても使えます。ウィンドウを閉じる操作が登録できれば、書類を書き上げたときに気持ち良く使えるかもしれません。カチャカチャカチャターン、シャキーン!


リターンバー リターンバーには、デフォルトでエンターが割り当てられている。もっとも、エンターキーがそこだけでは使いにくいことを考慮してか、通常のキーボードと同様のエンターキーも配されています

 本体の奥には溝があり、タブレットPCやスマートフォンを立てて使えます。Bluetoothに限らず、USB接続でPCに使用することも可能。同社はタイプライター風エディタアプリ「Hanx Writer」を用いた実演動画も公開中。iPadと組み合わせて使えば、本格的なタイプライター感を体験できそうです。


スタンド キーボードがそのままスタンドに

PCでの使用 PCと合わせても違和感なし

 直販価格は399ドル。現在は特別価格の349ドルで提供されています。同製品は2014年にクラウドファンディングで資金調達を開始し、その後目標を達成。2015年10月から予約を受け付けていました。最近では日本でもAmazonをはじめ、ショッピングサイトから注文できるようになっています。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう