ニュース
» 2016年05月19日 20時01分 UPDATE

厚生労働省がブラック企業名を初公表へ 最長で月に約197時間、複数の事業場で違法な長時間労働

1カ月当たり100時間を超える時間外・休日労働が認められたのは63人。

[イッコウ,ねとらぼ]

 厚生労働省千葉労働局は、違法な長時間労働を複数の事業場で行っていたとして、棚卸し業務代行サービスなどを行う千葉市の会社”エイジス”に是正指導を行ったと発表した。厚生労働省が行政指導の段階で企業名を公表するのは初めてだという。



 発表によると、同社は4つの事業場にいる63人に1カ月当たり100時間を超える時間外・休日労働が認められ、最長の時間外・休日労働時間は約197時間だった。



 同社はこれに関し、サイト上に「本日の報道に関するお知らせ」を掲載。「是正指導を受けました内容については真摯に受け止めております」とし、社長をトップとするプロジェクトチームを発足。外部専門家による助言を受けながら労働時間管理の徹底、業務量平準化への取り組み、業務効率化の推進などに重点を置いた取り組みを開始したとしている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう