ニュース
» 2016年05月20日 17時35分 UPDATE

NHK「ブラタモリ」制作スタッフが「測量の日」功労者に 国土地理院が表彰を決定

理由は「視聴者が地図や地理に興味を持つきっかけとなっている」から。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 国土地理院が5月20日、「測量の日」の功労者としてNHK総合テレビ「ブラタモリ」の制作スタッフを表彰することを発表しました。

「ブラタモリ」制作スタッフが「測量の日」の功労者に まさかのテレビ番組スタッフを表彰(国土地理院のWebサイトより)

 「ブラタモリ」は、地理・地形好きで知られるタモリさんが、近江友里恵アナウンサーとともに日本各地を訪れる番組。街を歩きつつ、その土地土地の自然や文化に触れ、街の新たな魅力を再発見していくといった内容で、2015年4月に、およそ3年ぶりにレギュラー番組として復活しました(関連記事)。

ブラタモリ ブラタモリ(番組ページより

 感謝状は、「測量・地図に関する普及・啓発に顕著な功績」があった人に贈られるもので、今回の選考理由について国土地理院は、番組で街中の地形などを紹介する際、「国土地理院(及びその前身機関)が作成した旧版地形図や基盤地図情報等もしばしば使われ、視聴者が地図や地理に興味を持つきっかけとなっている」と説明。

 さらに「地理学や地学に博識なタモリ氏による、良質のエンターテインメント番組として多くの視聴者に好評を得ていることから、この番組を通じて地図や地理に対する関心や親しみを広く得た功績は多大である」として、タモリさんの活躍をたたえています。

 感謝状の贈呈は6月3日を予定。場所は茨城県つくば市にある国土地理院で、国土地理院長から贈られるとのことです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう