ニュース
» 2016年05月22日 17時00分 UPDATE

Googleとリーバイスがスマートジャケット開発 服を触ってスマートフォンの操作が可能

これが本物のウェアラブルデバイスかも?

[大場巧揮,ねとらぼ]

 GoogleとLevi'sが共同で開発したスマートジャケット「Project Jacquard」が発表されました。導電性の紡績糸により、タッチやジェスチャーでスマートフォンの操作が可能なスマートデバイスです。



 「Project Jacquard」は主に自転車乗りのために設計されていて、Levi’sは自転車に乗りながら使用するティーザー動画を公開しています。動画の中ではそで口に触れたりタップしたりすることで、スマートフォンでの経路案内や音楽を操作しています。


Project Jacquard Levi'sのデザインはそのままに


Project Jacquard 上司からの電話。袖をなでて拒否できます

 デジタル機能を充実させた一方、Levi’sの象徴的デザインをそのままにするなどデザイン面でもこだわりをみせています。左腕に付いているタグ以外は洗濯可能と、通常のジャケットと同じように使用できるのもうれしいですね。これこそ本物の「ウェアラブルデバイス」なのかもしれません。


Googleとリーバイス開発のウェアラブルジャケット さまざまなスマートフォンの操作が可能

 開発者はAPIを利用できるそうで、今後どんなアプリが対応するのか楽しみです。自転車に乗りながらTwitterなんてことももしかしたらあるのかも……? 「Project Jacquard」は2017年春に出荷予定です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう