ニュース
» 2016年05月22日 14時26分 UPDATE

スタジオジブリ最新作、カンヌ国際映画祭で「ある視点部門」特別賞を受賞

マイケル監督による「レッドタートル ある島の物語」での受賞となりました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 フランスにて、5月11日(現地時間)より開催されている第69回カンヌ国際映画祭。そこで、「ある視点」部門に正式出品されていたスタジオジブリ最新作「レッドタートル ある島の物語」が5月18日に公式上映、その後地元メディアに絶賛されるなか、「ある視点 部門」特別賞を受賞しました。


「レッドタートル ある島の物語」ある視点 部門特別賞受賞 マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督 (C) Kazuko Wakayama

 「レッドタートル ある島の物語」は、短編アニメでアカデミー賞などの賞を多数受賞しているマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督による作品で、アーティスティック・プロデューサーとして高畑勲監督も参加し、8年という長い時間をかけて制作。マイケル監督はコメントで、「この映画をまだ見ていない人はいつか見てください。これはスタッフと私の努力の結晶です。高畑さん、ありがとう!」と受賞の喜びとともに高畑監督への感謝を述べています。

 作品の主人公は、嵐の中海に放り出され、無人島にたどり着いた男。脱出を試みるも戻されるという絶望的な状況の中、人の女が現れた――というストーリーで、その映像と音の詩情が高く評価され、「映画そのものが特別なもの」ということで受賞が決定しました。


 公式サイトでは特報動画が公開中で、日本では9月17日より全国でロードショーとなります。




 また、同じく「ある視点」部門では深田晃司監督の「淵に立つ」も審査員賞を受賞しています


(宮原れい)


関連キーワード

受賞 | スタジオジブリ | 映画 | 映画祭


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう