ニュース
» 2016年05月23日 10時50分 UPDATE

三越日本橋本店が重要文化財に指定 「我が国における百貨店建築の発展を象徴するもの」として評価

ほか比叡山の延暦寺など計12件の建造物が新たに指定。

[ねとらぼ]

 東京都中央区の三越日本橋本店など、新たに12件の建造物が国の重要文化財に指定されました。5月20日に文化庁の文化審議会が文化財分科会を開催し、審議・議決を経て文部科学省大臣に答申しました。

三越日本橋本店三越日本橋本店 三越日本橋本店の北東側外観全景(左)、南西側外観全景(右)

 三越日本橋本店は、本館が1914年に完成。外観は全体的に西洋古典様式を基調にしながら、アーチを用いない水平や垂直線を強調した構成など新しい様式も取り入れました。以降増改築を繰り返し、内部には格調ある色調で彩られた三越劇場、五層吹抜けの中央大ホール、アールデコ風の特別食堂などを建設。

三越日本橋本店三越日本橋本店 大正10年増築時建築の「金字塔」(左)、昭和10年増築時建築の「中央ホール」】(右)

三越日本橋本店三越日本橋本店 昭和2年増築時の建築の「三越劇場」(左)、昭和10年増築時に新築、昭和31年・39年修築の「特別食堂」(右)

 文化審議会は三越日本橋本店を「各時代の先駆的な意匠を用いて華やかに装飾している。様々な集客のための仕組みを取り入れながら増改築が重ねられており、我が国における百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い」と評して、重要文化財に指定しました。このほか比叡山の延暦寺(滋賀県大津市)や雑司ヶ谷鬼子母神堂(東京都豊島区)などが選ばれています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー