ニュース
» 2016年05月23日 17時10分 UPDATE

直接言わない優しさ 書き間違いを教える「アボガドをアボカドに訂正する委員会」が紳士的だと話題に

「いいね」をして、アカウント名を通知に表示させることで間接的に間違いを指摘。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 他人の間違いを指摘するのは、意外と難しいもの。特に実際に会ったことのない人とコミュニケーションする機会の多いSNSでは、伝え方に悩んでしまうのではないでしょうか? そんなときには、Twitterアカウント「アボガドをアボカドに訂正する委員会」のやり方が参考になるかもしれません。


画像 アボカドは、英語で「avocado」と表記。"カ"は濁りません

 「アボガドをアボカドに訂正する委員会」(@avogado_janai)はその名の通り、"アボカド"を誤って"アボガド"と書いた人に間違いを指摘するもの。書き間違いをしたツイートに対して、リプライを送るのではなく「いいね」をする変わった手法をとっています。通知には同アカウントの名称と該当のツイートがセットで表示されるため、自然と誤りに気付けるというわけです。なるほど、その手があったか。

 Twitter上では「それとなく指摘するその謙虚な姿勢に胸を打たれた」「紳士過ぎてまじリスペクト」など賞賛の声があがっており、Togetterにまとめ記事も作られています。


画像 「アボガドをアボカドに訂正する委員会」は、アボカド界の紳士

 同アカウントの活動により、アボカドの正しい書き方を知る人は増えそう。ですが、「逆にアボガドと言いたくなる」「いいねをもらいたい」という声もあり、意図的な書き間違いは逆に増えてしまうかもしれません。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう