ニュース
» 2016年05月23日 17時39分 UPDATE

アイシングクッキーで作った伊藤若冲クッキーに「すごすぎ」「これがクッキー!?」の声

320分待ちしなくても見られる若冲がここにある。

[Kikka,ねとらぼ]

 江戸時代中期を代表する画家の1人、伊藤若冲の作品をアイシングクッキーで表現した作品がTwitterに投稿され、「これがクッキー!?」など驚きの声が上がっています。



 伊藤若冲を代表する「紫陽花双鶏図」「動植綵絵 南天雄鶏図」「雪梅雄鶏図」をアイシングクッキーで制作したのは、ANTOLPO icing cookie(@antolpo_i)さん。公開からじわじわと注目を集めたこの作品は、5月23日現在7500件以上リツイートされています。


若冲クッキー 「紫陽花双鶏図」アイシングクッキー

若冲クッキー 「動植綵絵 南天雄鶏図」アイシングクッキー

若冲クッキー 「雪梅雄鶏図」アイシングクッキー

 作品はすべて、焼いたクッキーに着色した砂糖や卵白をデコレーションする“アイシングクッキー”(関連記事)で制作されており、食べることも可能です。でも、もったいなさすぎて食べられそうにありません……!


伊藤若冲作「紫陽花双鶏図」とアイシングクッキーを比較

若冲クッキー若冲クッキー

伊藤若冲作「動植綵絵 南天雄鶏図」とアイシングクッキーを比較

若冲クッキー若冲クッキー

 伊藤若冲の作品と比較してみると、今にも雄たけびを上げそうな様子や、羽の1本1本に至るまで忠実に再現されていることがわかります。

 また、作品を公開したANTOLPO icing cookie(@antolpo_i)さんはアイシングクッキー専門店「ANTOLPO(アントルポ)」を運営しており、企業ノベルティ製作やイベント販売を行っています。今回の作品とは別ですが、お店のサイトからアイシングクッキーを注文することもできるそうですよ(同デザインで30個より注文可能です)。

 伊藤若冲といえば、生誕300年を記念して東京都美術館で開催中の「若冲展」が最長320分待ちになるなどして話題となったばかり。こんなにすごい作品がTwitterで見られるなんて、なんだかちょっと得した気分です。


アイシングクッキー画像提供:ANTOLPO icing cookie(@antolpo_i)さん
伊藤若冲作品画像:若冲展より引用

(Kikka)


関連キーワード

Twitter | 芸術 | 美術館 | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー