ニュース
» 2016年05月24日 18時20分 UPDATE

日用品もジオラマもぐーるぐる しりあがり寿さんが美術館で初個展 練馬で開催

さまざまなものを回転させる現代アートに加え、「弥次喜多 in DEEP」「真・ヒゲのOL薮内笹子」などの原画の展示も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「弥次喜多 in DEEP」「地球防衛家のヒトビト」をはじめとしたシュールなギャグ漫画で知られる漫画家・しりあがり寿さんによる現代アートの個展「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」が、練馬区立美術館(東京都練馬区)で開催されます

 期間は7月3日〜9月4日まで。料金は一般が800円、高校、大学生、65〜74歳が600円です。


画像 しりあがり寿さんが手掛けた、ぐるぐる回る現代アートなどを展示

 しりあがり寿さんは漫画家としての活動と平行して、現代アートの制作も行っており、美術館での個展は今回が初。「回・転・展」では、日用品やジオラマ、絵画などを回転させた作品を展示。「弥次喜多 in DEEP」「真・ヒゲのOL薮内笹子」などの原画も公開されます。

 また、会期中には同氏とデザイナーの祖父江慎さんとの対談や、声優の銀河万丈さんによる読み語り、回転するオブジェを制作するワークショップなどのイベントが実施されます。


画像 「回るヤカン」2016年

画像 「回るアトリエ」2014年@art space kimura ASK?

画像 「回転体は行進するダルマの夢を視る」2014年@箱根彫刻の森美術館

画像画像 左:「弥次喜多 in DEEP」原画 月刊コミックビーム2000年1月号掲載 右:「真・ヒゲのOL薮内笹子」カバーイラスト原画 2003年

 同個展は練馬区立美術館のほか、9月17日〜11月6日まで刈谷市美術館(愛知県刈谷市)、2017年1月14日〜3月5日まで伊丹市立美術館(兵庫県伊丹市)で開催される予定です。


マッハ・キショ松


関連キーワード

芸術 | 美術館 | 漫画 | 原画 | 漫画家 | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう