ニュース
» 2016年05月26日 07時00分 UPDATE

四肢まひの元レーサーが頭部で車を操縦し時速245キロ達成 頭部で加速にステアリング操作も

車の技術も操縦ドライバーもすごい……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 2000年の事故で四肢まひとなった元レーサーのサム・シュミット氏が、頭部で操縦できる車を乗りこなし、5月22日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで自身最高の時速245キロを記録しました。

 アメリカのアロー・エレクトロニクスが開発したこの車は、頭部で加速とステアリング操作、センサーを口でかむことでブレーキングするなどの機能を搭載。2014年に開発プロジェクトが始まり、2016年に改良版が開発され今回の記録となりました。


四肢麻痺元レーサー時速245キロ達成 元レーサーのサム・シュミット氏

 サム・シュミット氏は過去インディカー・シリーズに参戦していたトップドライバーで、最も多くの観客を集めるレース「インディ500」にも出走。2000年に起きた事故で四肢まひとなってからもレーシングチームのオーナーとしてレースに参戦していました。

 ちなみに、彼のチーム「シュミット・ピーターソン・モータースポーツ」のドライバー、ジェームズ・ヒンチクリフは5月21日から行われていた「インディ500」の予選で1位を獲得しています。


四肢麻痺元レーサー時速245キロ達成 時速245キロ!

 アロー・エレクトロニクスの公式サイトでは、このプロジェクトの動画(2014年)が公開されていて、実際に操縦する様子を見ることができます。



四肢麻痺元レーサー時速245キロ達成 アロー・エレクトロニクス社プロジェクト公式サイト

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー