ニュース
» 2016年05月27日 18時05分 UPDATE

「火星」接近中 夜空で一番の輝きに

火星が地球に接近中。最接近は5月31日です。大きさとともに明るさも増し、夜空で一番の輝きに。肉眼でも明るく輝く姿が見られます。気になる各地のこの先の天気は?

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気

火星が夜空でひと際、輝く

 火星が地球に接近中で、最接近は5月31日です。地球から見える大きさが大きくなるとともに、輝きも増していきます。晴れる日には、是非、南東の空を見上げてみて下さい。土星やさそり座のアンタレスとともに、ひと際、輝く火星が見られます。

 地球最接近時の火星の明るさは-2等と、1等星のアンタレスよりも圧倒的に明るく、夜空で一番の輝きとなります。

(なお、今回も接近距離は近く、火星の大きさも明るさも際立ちますが、さらに2年後の2018年の7月31日は15年ぶりの大接近となります。)

気になる天気は?

 では、気になる夜の天気はどうでしょうか?

【北海道・東北】

28日(土)は東北の太平洋側を中心に、よく見られるでしょう。

29日(日)は雲が広がりやすくなりそうです。

30日(月)と31日(火)はあいにく曇りや雨の天気となるでしょう。

【関東・北陸】

28日(土)は多少雲がでる程度で、楽しめそうです。

29日(日)は雲が広がり、30日(月)は雨が降るでしょう。

あいにくの天気です。

最接近の31日(火)は雲は多めながらも、期待できそうです。

【東海・近畿・中国】

28日(土)の夜は雲がとれて、星空を楽しめる所が多そうです。

29日(日)は雲に覆われるでしょう。

30日(月)は東海は雲がとれにくいですが、近畿や中国地方では雲がとれてきそうです。

31日(火)は雲はあまりなく、星空を楽しめそうです。

【四国・九州】

28日(土)・29日(日)は星空は見えにくいでしょう。

30日(月)と31日(日)は雲はあまりなく、期待できそうです。

【沖縄】

28日(土)と29日(日)は梅雨の中休みで、星空を楽しめるでしょう。

30日(月)以降は梅雨空が戻りそうです。

天気

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー