ニュース
» 2016年05月29日 13時00分 UPDATE

キリン? ゾウ? 角度によって動物が変わる立体トリックアートがスゴイ

寄り添う2頭のキリンが……。

[束子,ねとらぼ]

 見る角度を変えると、見えていた動物が変わる立体トリックアートがスゴイです。

 街中に展示されたアート作品。黒いワイヤーのようなもので形作られていて、正面からだと2頭のキリンが、互いの尻尾らしきものを口にくわえて寄り添っています。よく見ると体の模様だけでなく、骨格や表情もリアルに表現されており、普通に眺めるだけでも「上手くできてる作品だな」と感じられます。

 しかし、作品が表現していたのは、キリンだけではありません。右側に移動して見る角度を変えると……なんと、シワや目元がリアルな迫力ある1頭のゾウに変化するのです! これはスゴイ!


キリンからゾウに変わるアート 寄り添う2頭のキリンさん

キリンからゾウに変わるアート 見る角度を変えていくと……

キリンからゾウに変わるアート キリンさんの姿が歪んで……

キリンからゾウに変わるアート 1頭のゾウさんが出現! ス、スゴイ!!

 制作したのは、フランス人アーティストのMatthieu Robert-Ortisさん。これまでにも角度を変えるとカニから男性に変わる作品や、たくさんのワイヤーを複雑に組み合わせて人の顔を表現するなど、ワイヤーを使った作品を数多く発表しています。

 目の錯覚を利用した絵のトリックアートは数多くありますが、ワイヤーで立体化した作品は少し珍しいのではないでしょうか。Matthieu Robertさんが手掛ける“見ていたものが変わってしまう作品”に街中で遭遇したら、テンションが上がって何度も行き来してしまいそうですね。

束子

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー