ニュース
» 2016年05月29日 17時00分 UPDATE

「もっとなでてよおおお」 お腹を見せて甘えまくりのワンコ……と思ったら超ご機嫌なオオカミ犬だった

よく見るとすごくワイルドなお顔。

[k村,ねとらぼ]

 人間になでられ、とてもうれしそうにしているオオカミ犬の動画が公開され、話題となっています。

 オオカミの血が濃く残るLakomiは生後8カ月の時に保護され、現在とある動物保護地区で暮らしています。保護当時は生死をさまよう感染症を患い、数カ月もの治療が必要だったのだとか。完治後も「人間に慣れることはないだろう」と言われ、高いフェンスの中で暮らしていました。

 しかしそんなLakomi、この動画を投稿したSarah and the Wolvesさんと交流を始めて2カ月がたったころから、心を開き身体を触らせてくれるようになったそう。今やこんなにも人なつっこいオオカミ犬になりました。



オオカミ犬 至福の時

オオカミ犬 「あー気持ちいいわーーそこそこそこ うん」

オオカミ犬 うれしくて笑いが止まらない

オオカミ犬 あひゃひゃひゃひゃひゃ

 どう猛なイメージのあるオオカミ犬ですが、動画で見せるLakomiの表情は、人なつっこいワンコそのもの。とにかくお腹をなでられるのが大好きなようで、撮影中はずっとお腹を見せて寝転がっています。

 「え、もう終わりー? もっとなでてよー」と言わんばかりに、キュンキュンと鼻で鳴く場面も。愛情を注がれて心が通じると、こんなにも人間に甘えてくる動物なんですね。

 コメント欄には「幸せになる動画だな」「超かわいい……」「うちの犬とまるで同じじゃないか!」など、オオカミ犬に対するイメージが覆された人々の声が続々と集まっています。


関連キーワード

| 動画 | 動物 | かわいい


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!