ニュース
» 2016年06月02日 12時30分 UPDATE

これカタログだったの!? 高島屋のお中元カタログがアニメ柄に

一部では「同人誌が届いたかと思った」の声も。

[Kikka,ねとらぼ]

 高島屋が配布している2016年のお中元カタログの表紙がリニューアルし、2次元美少女が描かれたカタログを受け取った人から驚きの声が上がっています。


高島屋 2016年の高島屋お中元カタログ

 「美事(みごと)を贈る」をテーマにデザインされたカタログのメインビジュアルは“梅雨が明け涼風の中に確かな夏が薫る頃、朝顔の中に佇む少女”。

 Twitterではカタログに対して「(アニメ柄だったので)ビックリ」「ほしい!」「同人誌が届いたかと思ったらカタログだった」などさまざまなコメントが寄せられています。高島屋はなぜ2次元キャラクターをメインビジュアルに選んだのか、高島屋の担当者に話を伺いました。

 高島屋広報担当者によると、「高島屋はこれまでの伝統文化を継承していくことに重きを置いてきました。そうしたなかでお中元・お歳暮など、若い方のギフト離れという点について検討を重ねた結果、これからの時代を担っていく新しい感性を持ったアーティストに制作をお願いいたしました」とのこと。新進気鋭のアーティストを起用することにより、若者を積極的に取り込んでいこうという意識があったようです。

 また5年ほど前から、高島屋のメインテーマである“花”に現代アートを取り入れたデザインを採用しており、「お中元」+「時代の空気感」+「日本を代表するアーティスト」として今年はコンテンポラリーアーティストの松浦浩之さんを選出したと広報担当は話しています。



 本画を制作した松浦さんは国際的に注目を集めているアーティストで、今回の作品は120センチの巨大円形のキャンバスに描いたものがベースになっています。完成した作品と松浦さんを比較してみると、大作であることがより伝わってきますね。


高島屋 2016年の高島屋お中元カタログの原画制作風景(画像提供:hiroyukimatsuura.com

高島屋 こんなに大きいサイズのキャンバスだった(画像提供:hiroyukimatsuura.com

 今回のデザインのカタログは5月上旬から配布が始まっており、関東版関西版ともに無料で資料請求が可能です(2016年7月21日(木)10時までとなります)。

 「お中元にも起用させて頂きましたように、年々評価が高まっている日本現代アートを世界に向けて発信する一助を担うことができれば」と語る老舗デパート、高島屋の改革に注目が集まります。


(Kikka)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう