ニュース
» 2016年05月30日 21時30分 UPDATE

グルテンNGな人もラーメン食べよ! 小麦粉を含まない「グルテンフリーラーメン」、新横浜ラーメン博物館が提供スタート

食のグローバル化に対応。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区)では、食のグローバル化に対応するため、小麦粉成分を含まない「グルテンフリーラーメン」2品の提供を6月1日より開始します。

画像 新横浜ラーメン博物館 グルテンフリーラーメン

 「グルテン」は、麦・ライ麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種。この成分のアレルギーを持つ人や、思想的にグルテンを摂取しない訪日外国人などが増えていることが、今回の「グルテンフリーラーメン」の開発につながりました。

 グルテンフリーのラーメンを作るときに難しいのは麺や醤油に含まれる小麦粉への対策。これらに考慮して「ドイツ・無垢ツヴァイテ」「熊本・こむらさき」の2店が提供を始めます。

 「ドイツ・無垢ツヴァイテ」は、米粉のストレート麺を使用し、小麦粉を含まない味噌ダレを使った「グルテンフリーラーメン(味噌)950円」を販売します。具材は旨味を閉じ込めたチャーシュー「豚ロースのコンフィ」や、ニンジン、もやし、玉ねぎ、キャベツなど。麺はグルテンフリーの「ベジタブルラーメン」に変更可能です。

画像 ドイツ・無垢ツヴァイテ グルテンフリーラーメン(味噌)

 「熊本・こむらさき」は、熊本のご当地グルメ「太平燕(たいぴいえん)」をアレンジした「こむらさき風 太平燕(とんこつ)700円」を用意。緑豆春雨を使った麺にとんこつスープ、グルテンを含まない塩ダレを組み合わせました。具材はエビ、イカ、あさり、キクラゲ、キャベツ、もやし、玉子とボリュームもたっぷり。仕上げに香油をプラスし、風味豊かな味わいに仕上げてあります。

画像 熊本・こむらさき こむらさき風 太平燕(とんこつ)

 訪日外国人客の増加とともに食に制限のある客も増加しています。新横浜ラーメン博物館では「日本の食文化としてのラーメンを世界に広げることが使命」と考え、これまでもベジタブルラーメンやムスリムフレンドリーラーメンなどを提供してきました。そんな同館の新たな取り組み、歓迎という人も多いではないでしょうか。

画像 新横浜ラーメン博物館 これまでの取り組み

※価格は全て税込
※上記の店舗ではグルテンを含む食品を扱う厨房で調理をしています。グルテンアレルギーなどの場合、各自の判断でお願いします。

(神奈川はな)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー