ニュース
» 2016年05月30日 19時18分 UPDATE

カード残高をサーバ管理する「図書カードNEXT」登場 専用サイトで利用履歴などが照会可能に

6月1日提供開始。

[イッコウ,ねとらぼ]

 日本図書普及は、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが共同で提供・運営する「サーバ管理型プリペイドASP サービス」を活用した新たな図書カード、「図書カードNEXT」を発行開始します。


図書カードネクスト

 「図書カードNEXT」は従来のような磁気の図書カードとは違い、カード残高をデータセンターのサーバで管理。残高の減算は、裏面のQRコードを専用端末で読み取り、リアルタイムで行います。また、このQRコードには複製を防止する特殊加工が施されていて、専用端末でのみ読み取りが可能となっているそうです。


図書カードネクスト 裏面はこんな感じ。QRコードがある

 新型の読取機は、「図書カードNEXT」と従来の図書カードを両方読み取ることが可能なハイブリッド型。カード裏面のID 番号などを専用サイトに入力することで、カード残額と利用履歴を確認することが可能になるという利用者側のメリットも。図書普及は「サーバ管理型の『図書カードNEXT』を発行することにより、書店での使い勝手は変わらない上、新たな販路の開拓にも挑戦できると考えております」としています。

 「図書カードNEXT」は6月1日から提供開始。発行券種はピーターラビットシリーズ(全4種)、東山魁夷シリーズ(全4種)、富士山シリーズ(全2種)の3シリーズ。価格は500円から1万円までとなっています。


図書カードネクスト こちらの3シリーズが発行されます

関連キーワード

QRコード | 専用端末 | 書店


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー