ニュース
» 2016年06月01日 11時00分 UPDATE

ホットドッグはサンドイッチか? メリアムウェブスター辞書が「サンドイッチだ」と宣言

全米ホットドッグ・ソーセージ評議会(NHDSC)は「ホットドッグはサンドイッチではない」と主張。

[ねとらぼ]

 「ホットドッグはサンドイッチだ」――アメリカのメリアムウェブスター辞書がこう宣言し、「ホットドッグはサンドイッチか否か」をめぐる議論に一石を投じました。

ホットドッグ ホットドッグ

 同辞書は先日、「ホットドッグはサンドイッチだ」というコメントとともに、サンドイッチの定義を記したページヘのリンクをツイート。その定義とは「2枚以上のスライスしたパンまたは1つの割れたロールパンの間にフィリングが挟まれたもの、あるいは1枚のパンを食べ物で覆ったもの」というものです。この定義に従うなら、ホットドッグはサンドイッチということになります。

 「ホッドドッグはサンドイッチという見解が、一部の人には異端であることは知っている」と同辞書は反対派の存在を認めつつも、サンドイッチの定義を考慮すると、その見解を避ける賢明な方法はないと主張。

ホットドッグ メリアムウェブスター辞書によるサンドイッチの定義

 これに対してTwitterでは「彼らがなんと言おうと気にしない。ホットドッグはサンドイッチじゃない」「ノー!」「じゃあタコスはどうなんだ」「だから私はオックスフォード辞書しか信じない」といったリプライが寄せられています。

 ホットドッグがサンドイッチのカテゴリーに入るのかという議論は以前からあるようで、昨年には全米ホットドッグ・ソーセージ評議会(NHDSC)が、ホットドッグはサンドイッチではないとする声明を発表しています(関連記事)。ホットドッグが1800年代後半に欧州からアメリカにやってきた時は「Coney Island Sandwich」「Frankfurter sandwich」と呼ばれていたそうですが、「アイスクリームサンデー」が「サンデー」と呼ばれるようになったように、言葉は変わるというのが同団体の主張です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう