ニュース
» 2016年06月01日 01時00分 UPDATE

今年は新人ヤギ3匹がAmazon.co.jp物流センターに出動 もぐもぐ除草がんばるぞ

新人のガクト君とダイゴ君、そしてニコちゃんが1週間に一度、先輩ヤギとともに働きます。

[ねとらぼ]

 今年もAmazon.co.jp(以下、Amazon)のアマゾン多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市)の敷地内の草の一部をヤギが食べる季節になりました。

手前新人子ヤギたちが先輩とともにもぐもぐ

 5月31日より、環境に配慮した活動の一環として、農業生産法人有限会社FRUSIC(フルージック、岐阜県高山市)が飼育するヤギたちが「エコ除草」を開始しました。もうすぐ夏ですね。

 今年で4回目となる取り組みで、今回は昨年誕生した3頭の新人子ヤギ(ガクト君・ダイゴ君・ニコちゃん)が仲間入り。約30頭〜40頭の先輩ヤギたちとともに敷地内の一部約3750平方メートルをむしゃむしゃ雑草を食べていく。勤務時間は11月までの毎週火曜日9時〜15時まで。首に社員証をつけてもぐもぐがんばるそうです。

ベテランヤギ達は斜面をものともせず、さすがの仕事ぶりで大活躍

社員証がお似合い

毎回参加の大ベテラン、クッキーさん


関連キーワード

Amazon | 物流拠点


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう