ニュース
» 2016年06月01日 08時00分 UPDATE

嫁は右下 デスクトップ上にキャラクターを召喚する「伺か」のMMD版が作られる

メモリおいしいです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 デスクトップ常駐型アプリケーション「伺か(うかがか)」のMMD版をシロン(@isilo146)さんが開発、その動作の様子がニコニコ動画にて公開されています。

 “偽春菜”や“何か”などの名称でも知られる「伺か」は、起動するとデスクトップ上にキャラクターが現れ、たまに会話を行ったり、マウスタッチで反応したりする、“デスクトップマスコット”とよばれるソフトウェアの一種。その歴史は2000年から始まり、2002年ごろが最盛期といわれる懐かしのソフトで、今回はそのキャラの立ち絵画像をMMDモデルにするという試みになります。



伺かMMD 伺かでMMDミク降臨!(右下)

伺かMMD ズームするとこんな感じです

 MMDモデルならではの「モデル回転」や「モーション(動き)変更」が行えて、位置移動はもちろん、拡大縮小も可能とあって、動くキャラをデスクトップ上で自由に眺められます。右下に嫁がいる安心感。動画のコメントでは「16年も経つのか……」「懐かしすぎて涙が出る」「○○(ゴースト名)使ってた」など当時を懐かしむ声が多く見られました。

 まだ“Ver.0.1”ということで、今後「音楽再生機能の追加」「セリフ機能の追加」「当たり判定の追加」「メニューの改善」などが行われる予定とのことです。


伺かMMD ゴースト実装が待たれます……!

 今後の開発に際して、「同梱モデルデータ制作」「同梱モーションデータ制作」「プログラミング協力」「紹介動画制作」それぞれの協力者を募集していて、詳しい内容はシロンさんのブログに書かれています。また、バグ報告やアイデア協力してくれるテスターも募集していて、動画の説明欄でファイルが配布されているので、気になった方は一度試してみるといいかもしれません。

 ちなみに、「PCのメモリを多めに占有」する、「ウィルス対策ソフトにウィルス扱いされる」などの特徴を引き継いでいるので注意が必要です。(※すべて自己責任となります)


伺かMMD どなたかお願いいたします……

(宮原れい)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー