ニュース
» 2016年06月01日 21時35分 UPDATE

貞子が投げ、伽椰子が打ち、俊雄が走る! 史上最恐の始球式が札幌ドームで行われる

貞子の球速96キロの魔球を伽倻子がクリーンヒット。

[ねとらぼ]

 日本ホラー界の傑物・貞子と伽倻子が6月1日、日本ハム−ヤクルト戦(札幌ドーム)の始球式に登場。1打席の野球対決を繰り広げました。

貞子 ピッチャー貞子 始球式に出現するのは3度目

 ピッチャーを務めたのは貞子。マウンドでは両腕をグルグル回すマエケン体操を披露し、観客を沸かせます。伽倻子も中田翔ばりの尻振りルーティンで対抗するなど、気合十分。その間、俊雄は体育座りで2人を眺めていました。

 そして、大きく振りかぶったフォームから、呪いを込めた魔球を放つ貞子。96キロと素人とは思えない速球でしたが、伽倻子の豪快なフルスイングが直撃。三遊間を抜けるクリーンヒットとなりました。

伽倻子 伽倻子、まさかのクリーンヒット

俊雄 代走(?)の俊雄

俊雄 観客の歓声に応えています

貞子vs伽倻子 ガッツポーズの伽倻子&俊雄 しょんぼりの貞子

 ただし、伽倻子は立って歩けないという設定。そのため、一塁へは俊雄が全力疾走。親子の連携プレーで“前哨戦”に勝利しました。敗れた貞子は日本ハムのマスコットキャラ「B・B」に肩を借りながら退場するという結末に……。

 なお、本戦である映画「貞子vs伽椰子」は6月18日公開です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう