ニュース
» 2016年06月02日 05時00分 UPDATE

ピクサースタジオもギョギョッ! さかなクン、「ファインディング・ドリー」の海洋生物監修

字幕版&吹替版で。マンボウ役で声優も務めることに。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 7月16日から全国ロードショーを予定している、「ファインディング・二モ」13年ぶりの続編「ファインディング・ドリー」。同作の字幕版&吹替版の海洋生物監修を、東京海洋大学名誉博士で、魚に関する豊富な知識でギョ存じのさかなクンが務めることが発表されました。

 さかなクンは、劇中に登場するマグロがマカジキなのにカジキマグロと表記されていたのを指摘したり、水温の表現は摂氏で表すことは少ない、など、海洋生物の習性や特徴、日本語での正しい魚名などの表現、海の仕組みにかかわることを細かな視点で監修。ピクサー作品は通常、監修を外部に依頼しませんが、ピクサースタジオもその知識の深さにギョギョッとしたもよう。

監修だけでなくマンボウ役の声優も務めるさかなクン 「ドリーちゃん、キター!ってそんな気持ちでギョざいます」とさかなクン

 合わせて、同作でマンボウ役の声優を務めることも明らかに。マンボウはさかなクンが大好きなハコフグと同じフグ科。「マンボウちゃんは世界で最も大きくなるフグの仲間ですので、おお〜こんな偉大なマンボウちゃんの役を頂けてうれしい!」と大喜びで意気込みを語っています。


ファインディング・ドリー
ファインディング・ドリー

 日本ではディズニー/ピクサー歴代興収No.1の記録を持つ「ファインディング・ニモ」の1年後の世界を描く同作。忘れんぼうのドリーがたった1つ忘れなかった“家族の思い出”を求めて、ニモやマーリンたちと「人間の世界」に飛び出していく冒険ファンタジーです。ドリー役を室井滋さん、ニモの父マーリン役を木梨憲武さんが続投するほか、7本足の謎のタコ・ハンク役を上川隆也さん、泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニー役を中村アンさんが務めています。

ファインディング・ドリー 「ファインディング・ドリー」ポスター

(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連キーワード

Pixar | ディズニー | 日本語 | 映画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう