ニュース
» 2016年06月02日 17時05分 UPDATE

生首とゴリラがキモイ感じで殴り合い ケンガンアシュラ作者が2D格闘ツクールで作成中のゲームが何も理解できない

キモいのに作りこまれてる。

[コンタケ,ねとらぼ]

 漫画家のだろめおん先生がTwitterに投稿した、2007年から2D格闘ツクールで作成しているというゲームが話題になっています。「ケンガンアシュラ」(原作:サンドロビッチ・ヤバ子)を連載しているだろめおん先生のことだからさぞ硬派なゲームなんだろうなーと……思いきや、そこには「ローラーの生えた緑色の生首とゴリラが超でかい女の子の前でなんかすごくキモい感じに殴りあう」という何一つとして理解の追い付かない世界が広がっていました。どうしてこうなった。



 試合開始前、イエス・キリストのごとく磔にされた緑色の人(?)が「私はキモくないです」とキモい声で言いながら首がポロッと地面に落ちたかと思うと、グルンと一回転した後に首から下に生えたローラーで動き出します。何を言っているか分からないかもしれませんが、本当にそのままなので他に説明しようがありません。一方、対するゴリラは派手な動きをすることなく佇んでいます。


開始前 試合開始前の様子。磔にされてる人「私はキモくないです」


落ちる ポロッ


回る ぐりんっ


開始 そしてバトル開始。ゴリラ冷静すぎ

 そして何より気になるのが、背景。巨大な女の子が尻を向けて寝っ転がっています。なんなの。一体ここはどこで、何を目的に戦っているの。

 戦闘開始後も、生首は「顔とアゴから両手、ローラーから両足が生えて波動砲を発射」「眼球を飛ばして攻撃」「頭からタケコプターを生やして飛行」などやりたい放題。一挙手一投足が最高にキモくて、いろんな意味でたまりません。試合開始前の「私はキモくないです」とはなんだったのか。


波動砲 ありえない位置から生えた手足で発射される波動砲


眼球 自分の方が痛そうな眼球攻撃


タケコプター タケコプターで飛行

 一方、ゴリラはジャブやストレート、ビンタといった硬派な攻撃が主体。ただし、尻から出した“何か黒いもの”を投げたり、尻から直接連射したりといった攻撃も見受けられるのがちょっと気になりますね。ちょっとというか、だいぶ気になりますね。


何か 尻から出した“何か黒いもの”を投げるゴリラ


何か連射 尻から“何か黒いもの”を連射するゴリラ

 一体どういう設定の世界なんだと思いますが、だろめおん先生いわく、「生首が主人公のおじいちゃん、ゴリラがペット、女の子はこの世を監視する天使みたいなもの」という暫定の設定があるそうです。なるほど、なんとなく分かりましたが、この生首がおじいちゃんというのは怖いですね……。

 また、あまりにもカオス過ぎるため演出にばかり目が行ってしまいますが、2007年から作っているだけあってゲームとしての完成度はかなり高いもよう。この2キャラしかいませんが、いろいろ詰め込んだため容量が300MBを超えているそうです。すさまじい作りこみ。

 突っ込みどころしか見当たらないすごいカオスなゲームですが、一度遊んでみたいですね。

関連キーワード

ゲーム | ツクール | 漫画家 | Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう