ニュース
» 2016年06月03日 15時20分 UPDATE

ドラゴンの幼生と言い伝えられる絶滅危惧種・ホライモリの赤ちゃんが10年に1度の爆誕!

スロベニアのポストイナ鍾乳洞で誕生。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 5月31日、スロベニアのポストイナ鍾乳洞にて、絶滅危惧種のホライモリがふ化しました。同種は産卵すること自体が10年に1度と、ごくまれなこと。公式サイトでは、赤ちゃんが卵の中でうごめく様子も動画で公開されています。


赤ちゃん 卵の中で元気に踊る赤ちゃん

 ホライモリはスロベニア近隣の、限られた地域の洞穴に分布する両生類。アホロートル(ウーパールーパー)のように幼形成熟することが特徴で、生涯エラを持ち水中で暮らします。洞穴への適応により目は退化しているものの、聴覚や嗅覚は鋭敏。近年の研究によると平均寿命は70年弱。最長で100年生きることもあり、長寿ゆえに産卵の機会も少ないようです。


ホライモリ1

ホライモリ2 体色が人間に似ていることから、スロベニアでは「人の魚」を意味する言葉で呼ばれている(画像はポストイナ鍾乳洞公式サイトより)

 地元に残る民間伝承では、ドラゴンの幼体とされるホライモリ。とても貴重な生物ですが、ポストイナ鍾乳洞では1月から多くの卵が生まれており、今後も多くの赤ちゃんが生まれるかもしれません。


ホライモリの卵 ホライモリの卵(画像はポストイナ鍾乳洞公式サイトより)

ポストイナ鍾乳洞 ポストイナ鍾乳洞(画像はポストイナ鍾乳洞公式サイトより)


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう