ニュース
» 2016年06月03日 22時25分 UPDATE

ちくわを横笛に「ちくわだって立派な楽器だけど……」 音楽教室の広告が謎すぎると話題

まじでちくわしか持ってねえ!

[宮原れい,ねとらぼ]

 「ちくわだって立派な楽器だけど……」と、女性がちくわを横笛のようにして口に当てている広告が、謎すぎるとTwitterで話題となっています。しかもその“ちくわ広告”にマウスポインタをのせると表示が切り替わり、「もうちくわ吹かなくていいんだー」と溌剌(はつらつ)とした表情でフルートを持つ女性が。これには広告を見る側が「吹く」しかありません……発想がユニークすぎる!



ちくわ広告 常識みたいです

ちくわ広告 この表情

 この広告を出したのは「EYS音楽教室」。楽器無料プレゼントキャンペーンを行っているらしく、確かによく広告を見てみると「楽器がもらえる!」の文字が。だから「もうちくわ吹かなくていいんだー」なのですね。どうやら、練り物だけによく練られた広告だったようです。

 「EYS-STYLE」の広告担当者に制作意図を聞いてみたところ、「転職サイトGreen様の“ちくしょう。転職だ!”のように、少しでも見ていただけるようなバナー広告を作りたいと考えた結果」ということで、ひと味違う広告を目指したとのこと。また、「EYS音楽教室では音楽を楽しむことが何より大切」だとして、音を鳴らすことができるちくわも音楽を楽しむための“立派な楽器”だと思っていると説明。単純にインパクトのためだけにちくわを使ったわけではないとのことです。



 Twitterでは、「ここ最近の広告で一番ツボにはまった」「センスよすぎるw」「斜め45度上w」と、斬新な発想についてのコメントが多く見られ、中には「フルート吹きは、ちくわより持ち方が気になるみたいですね」と細かい部分を指摘するコメントなんかもありましたが、どちらにしても広告としてはおいしい拡散のされ方と言えそうです。


ちくわ広告 別パターンも

ちくわ広告 同じくこの表情

(宮原れい)


関連キーワード

音楽 | 楽器 | アイデア(発想) | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう