ニュース
» 2016年06月04日 04時30分 UPDATE

車が勝手に動く! パパ助けて! ……テスラ・モデルSの遠隔操作でイタズラをしたのはパパでした

リモート駐車機能「サモン」を使ったイタズラ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 少年が助手席で父親の帰りを待っていたら、車が動き出してパニックに! そんな動画がYouTubeで注目を集めています。「dad!(父さん!)」の叫びが痛々しい。



待機中 携帯ゲーム機で父親を待っていると、じわりとハンドルが動き出す

前進 車はゆっくり前進。少年は「dad!」と連呼

 実はこれ、少年の父親がテスラモーターズの電気自動車、「モデルS」を使ったイタズラ。このモデルSには自動運転機能のほか、スマートフォンによるリモート駐車機能「サモン」が搭載されています。少年が車内にいるときに、父親がサモンで車を動かし、驚かせたというわけ。


ドッキリ 悪魔のように笑いながら顔を出す父親。少年も「殺す気か」と立腹

 サモンは日本でも国土交通省の認可の下、既に提供されています。駐車スペースから約12メートル以内に停めた車を、リモートで前後に移動可能。本来は安全な駐車をサポートする便利な機能ですが、悪用されるとなると困りものです。


公式ブログ サモン機能の配信を告げる公式ブログ

(沓澤真二)


関連キーワード

動画 | 自動車 | 電気自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう