ニュース
» 2016年06月05日 11時00分 UPDATE

人間同様、普段からの備えが重要! 地震、台風などの災害からペットの命を守るには?

動物にも防災対策が必要。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 地震や台風などの災害が起こると、人間だけでなく飼育されている動物も危険にさらされます。いざというとき、ペットの命を守るにはどうすればよいのでしょうか。ペット向けインテリア用品の販売を行うUNIHABITAT(ユニハビタット)が、犬、ねこを対象とした防災対策を掲載しています。


画像 飼育している犬、ねこを災害から守るためにはどうすれば?

 UNIHABITATによれば、ペットを避難所に移動させる際にはケージやキャリーバッグなどに入れることになるため、普段から慣らしておく必要があるそう。避難所で生活するためには、決められた場所で排せつする、不必要にほえないなどのしつけも必要になります。ペットのための防災対策は人間同様、災害が起こる前から取り組まなければならないんですね。

 ペット用の救援物資が届くまで時間がかかる可能性があり、食料などの必要物資は1週間分用意しておきたいとのこと。療法食などの特別食が必要な場合は、さらに長期間の食料を確保しなければなりません。

 その他、感染症、ストレス防止などのために不妊・去勢手術を行う、普段から健康管理し、予防接種やノミなどの駆除を行うといった対策が必要になります。詳細は、UNIHABITATのWebサイトからご確認ください


画像 避難、避難所での生活を送るためには、このような対応が必要

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう