ニュース
» 2016年06月06日 21時43分 UPDATE

西住殿、IV号戦車H型のRC化であります! 可動履帯を自作するガルパンおじさんにしびれるぜッ!

野生の自動車部、参上!

[塚本直樹,ねとらぼ]

 劇場版BDがオリコンランキングで初登場総合一位を獲得するなど、まだまだ勢いの止まらないガルパンこと「ガールズ&パンツァー」。そのガルパンで主人公のあんこうチームが操る「IV号戦車H型(D型改)」の電動モデルをRC化した動画が公開され、話題となっています。

テレビアニメに劇場版に活躍したマークIVスペシャル! TVアニメに劇場版に活躍したマークIVスペシャル!

 改造のベースとなるのは、5月にマックスファクトリーから発売された「figma Vehicles IV号戦車H型(D型改)」。購入状態でも完成度の高い電動モデルですが、今回はそこに外装のカスタムと砲塔の伸縮/回転機構、そして自作の可動履帯の装着を施していきます。

発射時のアクションが楽しみであります! 発射時のアクションが楽しみであります!(それにしても秋山殿、やたら立ち絵がゴツいんですが、なにがあったのでありますか……)
砲塔は実車のようにグルグルっと回転 砲塔は実車のようにグルグルっと回転

 砲塔は回転ギミックと発射時の後退ギミックを搭載し、360度の砲回が可能です。また、ギアボックスも高性能なものに取り替えられています。

シリコン型から履帯を作る本気度を見よ シリコン型から履帯を作る本気度を見よ
民間の戦車工場かな? 民間の戦車工場かな?
戦車といえば履帯なのであります! 戦車といえば履帯なのであります!

 そして今回の改造のキモ、「自作の可動履帯」です! まずは車外装備品の予備履帯を改造して原型にし、シリコン型を作ります。そこからなんと200個の履帯を複製し、ピンで組み上げて本物の戦車さながらの可動履帯ができました。

 その他にも自作のつり下げフックやシュルツェンの扉、エンジンの回転に合わせて量が変化する排煙など、外装にさまざまな改良があります。

ちょこんと座った西住殿がカワイイ ちょこんと座った西住殿がカワイイ
IV号戦車の勇姿を見よ! IV号戦車の勇姿を見よ!

 いよいよ野外でパンツァー・フォー! IV号戦車にはアクションカメラを搭載し、テレビアニメのように戦車長からの視点も楽しめます。さらに自作の可動履帯により、純正の履帯ではうまく走行できなかったフィールドもガンガン走破していきます! おお、これこそあんこうチームのIV号戦車でありますよ〜。

 動画の製作者さんによると、今後はシュルツェン周りや履帯の改良を予定しているそうです。一体どこまで完成度が高くなってしまうのか……。今後に期待であります!

塚本直樹

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう