ニュース
» 2016年06月07日 07時00分 UPDATE

アジアで会えるのはここだけ! 絶滅危惧種の「タスマニアデビル」 6月11日より多摩動物公園で公開!

はじめましてー。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 多摩動物公園では6月11日より「タスマニアデビル」2頭の公開を始めます。

多摩動物公園タスマニアデビル 多摩動物公園で公開されるタスマニアデビル (左)マルジューナ(右)メイディーナ

 タスマニアデビルは絶滅が危惧される肉食性の有袋類で、アジアの動物園で飼育しているのは同園だけ。今回の2頭は、オーストラリア連邦タスマニア州の「トロワナ・ワイルドライフパーク」から5月31日に来園しました。名前はマルジューナ(先住民族の言葉で「星」の意味)とメイディーナ(「影」の意味)。どちらも2013年5月1日生まれのメスです。

 一般公開はオーストラリア園タスマニアデビル舎で6月11日の11時からの予定。これに先がけ、10時30分からカンガルー広場で来賓などを招いたお披露目会が開催されます(一般の人も参加可能)。

 また、専門家によるタスマニアデビルの話が聞ける「スペシャルトーク」や「記念講演会」、「スタンプラリー」などのイベントも行われます。詳細は東京ズーネットのサイトから。

多摩動物公園タスマニアデビル 多摩動物公園 一般公開とお披露目会の位置

(神奈川はな)

関連キーワード

動物 | 動物園 | オーストラリア | アジア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう